働きながら自炊は本当に大変!効率的に行なおう

お肉や野菜の下ごしらえには手間がかかりますよね。 ピーラーやすりおろし器などの器具が必要なものもあり、まな板にはお肉や野菜の汁がつき、野菜くずで台所まわりが散らかってしまうとため息が出てしまいます。 そんな面倒な下ごしらえですが、まとめてやってしまえば、都度作業をするよりも楽に終わらせることができます。

漬け置きしておけば手間はインスタント並

煮込み料理や炒め物など、料理の中には味をつけるのに時間がかかるものがあります。 焼く前に下味をつけてしばらく置かなければならなかったり、煮込むのに時間がかかったりする料理ですが、あらかじめタレにつけて保存することによって、平日にはその手間を省くことができます。 また、浸けるだけでできる料理もあります。

下ごしらえ・作り置きのコツ

便利な冷凍や作り置きですが、一度切ったり手を入れてしまうため、保存状態には気を付けないといけません。 傷んだり菌が入ってしまわないようにするはどのようにしたらいいのでしょうか。 せっかく作った保存料理、おいしく安全に使い切るための方法を確認しましょう。

野菜はまとめて切ってしまおう

健康のためにも、節約のためにも、自炊は欠かせません。
毎日コンビニや外食などで済ませると身体によくないですし、食費がかかりすぎてしまいます。
一人暮らしの方もですが、ご家庭がある方は特に毎日の料理が必要になってきます。

自炊をすれば味付けも栄養バランスも細かく調整でき、何より安くご飯にありつけるので、いいことづくめです。
そう、料理の手間さえなければ。

料理は家事の中でも面倒な手順の多い作業です。
食材の買い出しから始まり、食材を切ったり焼いたり煮込んだりとたくさんの工程を経た後には、お皿と調理器具の洗浄が待っています。
毎日仕事から帰ってきて冷蔵庫の中身とにらめっこし、下ごしらえから食器洗いまでやっていたのでは、時間がいくらあっても足りません。
フルタイムで働いている方や、お子さんがいらっしゃる方はなおさらです。

料理の手間を減らしたい!という方におすすめなのが、週末にまとめて下ごしらえをすることです。
まとめて下ごしらえをすることには、さまざまなメリットがあります。
たとえば、1玉のキャベツを1週間かけて毎日使う分だけ下ごしらえしていくと、その度に調理器具を引っ張り出して切らなくてはなりませんが、まとめてカットしておけば一度の手間で済みます。
また、あらかじめ1週間のメニューを決めて下ごしらえすることで無駄な買い物を減らし、冷凍しておけば腐敗の心配も減ります。
さらに、浸け置きをする工程までやっておけば、平日に使うときには味が染み込んでいます。
これを有効に使わない手はありません。

TOPへ戻る